よぶくろ

よぶくろ純米活性生

画像の説明

''発売中 ''

- 純米活性生「よぶくろ」の名称由来

当一関地方では夜遅くまで活動し、遊び歩き、眠らない人のことを「夜さっぱりよぶくろ(夜梟)」と呼びます。

 「ふくろう」は古来より幸せを運ぶ鳥として言い伝えられており、お酒を飲んで、楽しく、幸せになってほしいとの願いを込め名付けました。

-- 中身について

製造元、磐乃井酒造(株)様に特別に依頼し、純米である事、発酵を止めない事、濾過をせずもろ味の食感を残すこと、辛口である事、食中でも飲み飽きしない事、アルコール度数を13度~16度にする事等をお話し造って頂いた「どぶろく」に近いお酒です。

※発酵途中なので酒が眠っておりますので日数が経過するにつれて味が熟成いたします。横に倒したり、揺らしたり、乱暴に扱うと酒が暴れますので注意してください。

 
--- 容器、栓について

 昔懐かしい薄水色の壜を使用し、ラベルにはふくろうを模した「よぶくろ」の字がデザインされています。
栓はお酒に呼吸をさせる意味と滅菌作用もある事から杉の葉を使用。
更に神前に供える御幣をもイメージし、昔ながらの和紙と杉の葉で封印を施しました。

※ 蔵元では秋になり、新米で酒の仕込みに入る際、杉の葉をまんまるい大きな球状に作り、酒蔵の軒下に飾ります。
これを「酒林」と言い、今年の仕込みの安全祈願と今年の新酒が出来ましたという知らせにしています。吊るしたばかりの「酒林」は緑色をしていますが、月日がたつにつれて濃緑、薄茶、濃茶にと変化します。
これは酒がだんだん熟成する目安にもなり、当商品の杉栓も同様で熟成具合がお客様にわかる様に致しております

1.8L瓶  (1.4L入り)  2350円(税込)
900ml瓶(600ml入り)  1200円(税込)

詳細は当店までお問い合わせください。

 TEL 0191-23-3137

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional